歯磨きをしても気になる口臭!塩が効果的って本当?

口臭って気になる問題だけど、なかなか自分では気づけないことが多いですよね。かといって、人から注意をされると結構傷ついてしまうものです。

歯磨きをちゃんとしているのに、口臭が気になる...。そんな人も多いのではないでしょうか。口臭予防に塩が効果的という話があります。これは本当なのか?口臭予防にはどんな方法があるのか?見ていきましょう!

塩は口臭に効果がある?

塩水でうがいをすると、風邪や口内炎の予防になったりすることは有名ですよね。これは塩水には抗菌効果があるからです。

では、塩で歯を磨くと本当に口臭予防に効果があるのでしょうか?

塩での歯磨きは抗菌効果以外にも2つの効果で口臭を抑えてくれます!

口臭の原因の1つに歯周病がありますが、塩には歯茎を引き締める効果があるので、この歯周病を予防してくれます。

また、塩には唾液の分泌を促す力があります。唾液が増えると口臭を抑えることができるのです。

塩でどうやって歯を磨いたらいい?

塩で歯を磨くにあたって1つ注意が必要です。

それは、粒子が細かい塩を選ぶことです!粒子が大きいと歯や歯茎を傷つけてしまう危険性があります。

塩で歯磨きをするときは、まずは歯ブラシに塩がつきやすいように水で濡らします。そして濡らした歯ブラシに適量塩をつけて小刻みに優しい力で歯と歯茎の境目をよく磨くようにしましょう!塩のつけすぎには注意してくださいね。

塩で歯磨きをすることに抵抗がある人は、塩入りの歯磨き粉を使うのもいいですね。

口臭の原因って何?

そもそも、口臭の原因は何なのでしょうか?

口臭の原因と言えば多くの人が、磨き残し、ニンニクなどの臭いの強い食べ物をあげると思います。

もちろん、この2つも口臭の原因になります。

ですが、原因は他にもいろいろあります。

・口の乾燥

ストレスを感じている時は唾液が出にくくなります。緊張している時も、口がカラカラと乾くなんて経験をしたことがある人も多いですよね。唾液が少なくなって口の中が乾燥した状態が続くと口臭がしてきます。

・虫歯がある

虫歯があると口の中の菌が増えていき口臭も強くなります。また、それだけではなく虫歯で空いてしまった穴に食べカスが詰まると歯磨きではなかなか取れず臭いの原因となるのです。

・歯周病である

歯周病も同じく、口の中の菌が増えて口臭が強くなります。この歯周病菌や食べカスは、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の溝にどんどん溜まっていきます。これが歯石となると歯磨きでは取れなくなり、更に強い口臭になるのです。

・舌が汚れている

みなさんは歯磨きのとき、舌まで磨いていますか?舌が真白くなっていたり、黄色くなってしまっていると口臭がしてきます。この舌にたまる汚れを舌苔(ぜったい)といい、口臭の原因として多いものです。

・親知らずがある

親知らずは一番奥に生えていますよね。奥にあるため、なかなか上手く磨くことができずに食べ残しが溜まりやすくなります。斜めや真横の向きで生えていると溝ができるので、さらに汚れが溜まりやすくなってしまいます。

どの原因に当てはまるかによっても対策が変わってきますよね!

口臭を予防する方法

では、原因別に予防の仕方を見ていきましょう

・口の乾燥

こまめに水分を取ることが大事です!また、食事の時に噛む回数を増やすことで唾液の量を増やすことができます。でも、1番はストレスを発散させてリフレッシュすることですね!

・虫歯、歯周病

歯科医院に行くことが1番です。ひどくなる前に治療をすることが口臭予防にも口の中の健康にもつながります。また、歯周病は歯磨きで予防をすることはできても病院で歯石を取らなければ意味がありません。気付かないうちに歯周病が進んでいた...なんてことにならないようにしましょう!

・舌の汚れ

舌を磨くことは口臭予防にとても効果があります。普通の歯ブラシではなく舌専用の歯ブラシで磨くことをおすすめします。磨き方は、力は入れすぎずに水で濡らしたブラシで奥から手前に磨いていきます。嘔吐反射が強い人は数秒息を止めて磨くと出にくくなりますよ。

・親知らず

親知らずは、抜いてしまうのが一番です。ただ、斜めに生えていたり、神経の近くに生えていると危険な抜歯になることもあるので、しっかりとレントゲンを撮って説明をしてくれる歯科医院を選びましょう。抜かずにどうにかしたい!という方は小さめの歯ブラシを使うことや磨きたい歯の反対側から斜めに歯ブラシを当てることで磨きやすくなりますよ。

まとめ

  1. 塩での歯磨きは、歯茎の引き締めや唾液の量が増えることで口臭に効果がある
  2. 正しい方法と、細かい粒子の塩で歯磨きをする
  3. 口臭の原因を知り、その原因に合わせたケアをすることが大事

最近では歯科医院や、市販の機器で口臭レベルをチェックすることもできますよ!

 この記事へのコメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です