「親知らず」がちゃんと生えてこないのはなぜ?生えない人もいるって本当?

10代後半を過ぎてから、忘れた頃に顔を出してくるのが「親知らず」です。

大人になると虫歯になった時以外に歯医者さんに行かない人も多いのではないでしょうか。

親知らずの生え方によっては、口腔内にトラブルが生じることも・・・。知っているようで知らない、「親知らず」について説明します。

そもそも「親知らず」とは?

一番奥に生える臼歯のことを一般的に「親知らず」と呼びます。正式には第三大臼歯といいます。子どもから青年になって親の知らない間に生えるために「親知らず」と呼ばれるようになりました。

実際に生えてくる時期には個人差があり、10代の終わり頃から20代にかけて生えてくる場合が多いようです。親知らずは他の永久歯のように誰もが4本とも持っているわけではなく、生まれつきなくて生えない人もいます。

親知らずの特徴~なぜちゃんと生えてこないの?

親知らずは口腔内の一番奥にあるため、何かとトラブルを起こすことが多い歯です。

他の臼歯のように真っ直ぐに生えてくればよいのですが、現代人の顎は一昔前に比べて小さくなってきたため、親知らずが正常に生えるほどのスペースがなくなり、真っ直ぐ生えてこない傾向があります。そのため、噛み合わせに影響が出たり、歯ブラシがちゃんと届いておらず虫歯になって周囲の歯茎にも炎症を起こしてしまうケースがよくみられます。

親知らずの生え方の種類

正常に生えていればよいのですが、以下の生え方の場合はトラブルの原因になってしまいます。

ななめに生える、または水平に生える

親知らずが途中までしか顔を出していない状態で隣の歯を圧迫し、歯と歯茎の間に隙間ができ、ここに食べかすが溜まって炎症を起こし、強い痛みを伴います。歯ブラシがしっかり届かず、虫歯になってしまうことも。水平の状態になったまま生えてこようとする場合も、やはり隣の歯を圧迫し同様に炎症や痛みの症状が出ます。

完全に歯茎の中に埋まった状態のまま、生えてこない(水平埋伏)

特に困った症状がないからとそのままにしておいていいのかと思いきや、顎の中で隣の歯の根を刺激したり、骨を溶かしてしまうことがあるため要注意です。

親知らずをそのままにしておくとどうなるの?

正常に生えていない状態の親知らずをそのままにしておくとどうなるのでしょうか。

親知らずと隣の歯の間にできた隙間に詰まった汚れを、歯ブラシで十分に取ることができず、口腔内が常に細菌で汚れた状態になってしまい、周囲の歯茎が炎症を起こします。

また、親知らずに押された周囲の歯並びが変わってしまい、噛み合わせのトラブルにもつながります。この正しくない噛み合わせが習慣になってしまい、顎関節症を引き起こすこともあり、頭痛や肩・背中の痛みなど全身に影響を及ぼす恐れもあります。

親知らずに違和感を感じたら

まずは歯科医院を受診しましょう。違和感がおさまったからといって、そのまま放置するのは危険です。

すでに虫歯が進行している場合、夜間や長期連休中に痛みがひどくなることもあります。そうなる前に自分の親知らずがどのような状態なのか専門家に診てもらいましょう。

また、痛みや違和感を必ずしも親知らずに感じるとは限りません。口腔内はとてもデリケートなため、違う箇所が痛むかのように感じる場合もあります。できれば日頃から定期的に検診に行き、気になることがあったら歯医者さんに相談しておくといざという時安心です。

親知らずは抜いたほうがいいの?

歯科医院を受診した時点ですでに歯周病になっていたり、激しい痛みがある場合や、痛みはまだなくても歯ブラシが届きにくい生え方をしていて近い将来トラブルの原因になると考えられる時は、抜歯を勧められることがあります。

親知らずの抜歯は痛そうなイメージがありますが、麻酔が効いているため術中はほとんど痛みを感じることはないでしょう。

親知らずがあった部分の傷口は、歯茎や骨がそこを埋めるように回復していくのですが、これは年齢が若いほど早いといわれています。

また抜歯後に抗生物質を服用する可能性があることから、女性は妊娠中や授乳中に痛みなどの症状が出てしまわないよう、妊娠前までに適切な処置をしておくといいでしょう。

親知らずの保存について

親知らずを抜いてしまうのか、そのまま保存するのかは実は専門家でも意見が分かれます。

抜歯してしまえば、将来起こるかもしれないトラブルを避けることはできます。

一方で、そのまま親知らずを保存しておくことによって、義歯やブリッジの土台にしたり、別の歯が悪くなって抜歯した時に親知らずをそこへ移植したりすることができます。口腔内の環境は千差万別なので、信頼できる歯医者さんによく相談しましょう。

「親知らず」がちゃんと生えてこないのはなぜ?のまとめ

自分の体のことなのに謎の部分が多い「親知らず」についてまとめてみました。太古の昔から祖先より受け継いできたもののひとつである「親知らず」。埋まっていてもななめになっていても生えてこようとするその様は、まるで意思を持っているかのようにも思えてちょっと可愛いですね。日頃からかかりつけの歯医者さんで定期検診をしてもらい、口腔内がベストの状態になるように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です