歯医者さんに行きたくない人必見!!その原因と克服方法とは

歯医者さんの独特な音と振動など、歯医者さんには行きたくない、気が重いと感じる方は多いですよね。

私も好きではなく、治療では通いたくないですが定期検診には通っています。

今回は、苦手な原因を探って、気持ち良く受診出来るためにどうしたら良いかというコツをご紹介いたします。

歯医者さんに行きたくない原因と克服方法

歯医者さんに行きたくない原因

そもそも何で歯医者さんが苦手なのでしょうか??その原因を思い出してみることで、少し苦手意識が緩和するかもしれません。どのようなことが歯医者さんに行きたくないと思わせてしまうのか、原因を探ってみましょう!!

小さい頃の治療がトラウマ

私はこれが大きかったです。虫歯の治療などを麻酔無しで受けていた頃な  

ので、痛みに対する恐怖が大きかったです。歯を削る際の独特の音や振動

が辛く嫌だという経験があります。歯医者の先生が怖い存在だと思うのも

大きな要因かと感じます。

臭いや音が辛い

大きな原因の1つですよね。私も以前の歯医者さんのイメージは診察室の

音が聴こえて、消毒の臭いがきつく感じていました。そのことがずっと頭

に残っていて、恐怖体験として捉えていると行きたくなくなりますね。

とにかく痛いのはイヤ

歯医者=痛い処置をする場所と認識してしまいがちです。私自身も麻酔無し

でガリガリ削られ、足がすくむ経験をしたこともあります。機械の音と振動

と痛みを伴うと確かに恐怖ですよね。

口の中を指摘されたくない

歯医者さんに行きたくなくて、少し放置をしてしまい、「何でここまで放って

おいたの?」と言われることが少なからずあります。私は歯並びが悪いので

ブラッシング指導があるのが、憂うつでした。

歯医者さん嫌いを克服するコツ

ここまで歯医者さんが苦手な原因を記載しましたが、あてはまるものはありましたか??でも、これらはすべて過去の話で、現在はそうではないことも多いです。生涯自分の歯を守るために、かかりつけの歯医者さんがあると安心です。

予防歯科・定期検診を受ける

症状が無い時にこそ、歯医者さんにかかることで、虫歯や歯周病の予防に

繋がります。今は治療より予防という考えが強まっています。私はもう10

年位定期検診を受けていますが、概ね口や歯のチェックとクリーニングで

済んでおり、その際に異常があれば最小限の治療で食い止められます。ク

リーニングでは口の中が爽快になりオススメです。

お子さんには小児歯科を

小児歯科に力を入れている歯医者さんも多いです。子供の頃に歯医者さんが

嫌だと思わないのが大切です。キッズルームを完備し、待ち時間に遊べるな

どの工夫がされている場合も多いです。お子さんに優しく話しかけてくれ    

安心して治療が受けられる歯医者さんを探してみると良いでしょう。

痛くない治療を選択する

以前よりも痛みの少ない治療の選択肢が広がっています。痛くない、出来る

限り削らないのが今の治療では重視されています。痛みを伴う処置の場合は

麻酔などの配慮はあるので、痛みに怯えることは無くなっています。

前もって歯医者さんの情報を得ておく

最初は、どの歯医者さんが良いか分からないかと思いますが、最近ではホー

ムページを開設している歯医者さん多いので、予め診療内容などを確認して

おくと安心です。また、歯医者さんの評判や口コミが書かれているサイトで

実際の患者さんの声も参考になります。

痛みが少ない最先端治療の選択も

最近では、痛みの少ない治療を行っている歯医者さんが殆どで、麻酔の針も細くなっているため痛みも軽減しています。また削らない治療方法も増えてきており、安心して治療を受けられる最先端治療についてお伝えしていきます。

虫歯は削らずに治す治療も

ドッグベストセメントという治療法で、ミネラル成分の殺菌作用で虫歯を削らすに治療できます。神経をとる必要もなく、殆ど削らないので歯へのダメージも最小限です。

様々な無痛治療方法

スマートバーという最先端治療では歯を削るドリルの部分がポリマーレンジと呼ばれる歯よりも柔らかい素材で出来ており、必要以上に削ることもなく痛みを感じず、保険適用で治療が受けられます。また、抗菌剤やレーザーを用いた治療もあります。

笑気麻酔

意識はあるものの、ぼんやりして、リラックスした状態で受けられます。歯医者さんが苦手で過呼吸になってしまうなどの場合に、恐怖心を和らげる目的で行われます。保険適用後の費用も手軽になってきています。

まとめ

  • 歯医者さんに行きたくない原因は過去の治療の影響
  • 今は痛みが少ない治療、さらに治療より予防が主流
  • 最先端治療の導入でより安心に

以上が歯医者さんに行きたくない原因や克服方法、最先端治療の導入についてです。意外と今の治療では痛みが少なく、まずは予防の意味でも一度受診してみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です